日本心臓ペースメーカー友の会とは

◆ 創 立

●昭和451970)年6

●医師として日本で初めてペースメーカーを植込まれた早川寛齋氏(早川病院院長/当時)が初代会長に就任(1970年~1994年)

●早川会長、名誉会長に就任(1994年~2000年)

●三枝正裕・東京大学名誉教授、会長に就任(1994年~2001年)

●堀 原一・筑波大学名誉教授、会長に就任(2001年~2011)

須磨幸蔵・東京女子医科大学名誉教授、会長に就任(2012年~)

  • ◆ 目 的

心臓ペースメーカー(PM)/ICD(除細動器)/CRT-P(両室ペースメーカー)/CRT-D(除細動機能付き両室ペースメーカー)等生命維持装置によって命を救われたことを認識し、「感謝」「報恩」「奉仕」の精神に基づいて会員の適切な健康管理、並びに安心快適な「QOL」(生活の質)の確保を図り、もって社会福祉の向上に貢献する。

 

◆ 事 業

●心臓ペースメーカー並びに健康管理に関する知識の普及向上

●行政や学会、大学、病院その他の医療機関及びペースメーカー/ICD等機器業界、製薬工業会等との相互交流。

●本部・支部及び会員相互の情報と需要にこたえ   る。

●会誌「かていてる」の発行(年6回)

●年1回、全国通常総会を開催し、議事並びに先生方の講演、質疑応答等(Q&A)により健康管理と会員相互の親睦を図る。

●一県一支部を目途に全国26支部を置き、さらに地区活動を強化、適宜顧問医師や相談役を交え勉強会を行う。

●その他、適当と認めた事業

 

◆ 会員資格

●正会員:心臓ペースメーカー(PM)をはじめICD/CRT-P/CRT-D等装着者.(年齢・職業や国籍を問わない。

●特別会員:心臓ペースメーカー等の分野で特に顕著な功績があり、理事会で承認された医師、技術者や研究者であって会長が推薦した人。

●賛助会員:未装着並びに本会の趣旨に賛同し、物心両面で協力される個人及び企業

●寿会員:満88歳以上の正会員(誕生日の翌年度より会費免除)

 

◆ 顧問・相談役

●顧問は学識経験者・機器関連業界等の中から、相談役はペースメーカーの/ICD等に携わる医師、技術者や研究者の中から、理事会の議を経て会長が委嘱する。

 

◆ 入会方法

●正会員:入会申込書に入会金¥2000と年会費¥5000を添えて、本部事務局に申込む。

※申込用紙は電話またはFAXにてお申し出下さい。

●賛助会員:正会員に準じる。法人については会費2口以上とする。

 

ご質問等ありましたら、下記までご連絡を下さい。

 

日本心臓ペースメーカー友の会

事務局

TEL&FAX 03-3420-1200 

毎週月・水・金(10:00~17:00)

E-mail=pm-tomo@ceres.ocn.ne.jp

ここをクリック

↓          ↓           ↓

☆日本心臓ペースメーカー友の会 本部ホームページ☆

ICD,CRT-D植込み患者に対する新しいステートメント2017

  運転制限期間
二次予防目的新規植込み 6ヶ月
一次予防目的新規植込み 7日
ICD適切作動後
(ショック・抗頻拍ペーシングを含む)
3ヶ月
ICD不適切作動後 ※ 意識障害ないなら
制限なし
電池交換後 7日
リード追加・交換後 7日

※意識障害を伴うものは、ICD適切作動と同様の制限を行う