日本心臓ペースメーカー友の会 宮城県支部規約

(名称)

第1条   当支部は、日本心臓ペースメーカー友の会(以下「本会」という)

宮城県支部と称する。

(事務所)

第2条 当支部の事務所は、支部長宅に置く。

(目的)

第2条   当支部は、心臓ペースメーカー(PM)・除細動器(ICD)等の生命維

持装置(以下「心臓ペースメーカー等」という)によって生命を救

われたことを認識し、感謝・報恩・奉仕の理念に基づいて、会員の

適切な健康管理ならびに健全で快適な日常生活の確保を図り、もっ

て社会福祉の向上に貢献することを目的とする。

(事業)

第4条 当支部は、前条の目的を達成するたに、次の事業を行う。

(1)  心臓ペースメーカー等、医療・機器ならびに健康管理に関する知識

の向上。

 (2)大学、病院その他医療機関との相互交流。

 (3)支部だよりの発行(予定)。

 (4)会員相互の親睦と情報の交換。

 (5)その他本会の目的達成に必要な事項。

(会員)

第5条 当支部の会員は、本会の会員(正会員・賛助会員)であって、原則と

して宮城県に居住する者をもって会員とする。

(役員)

第6条 当支部に次の役員をおく。

   支部長 (理事) 1名

 副支部長(理事) 3名以内

 理 事  15名以内(支部長・副支部長を含む)

 監 事  2名

2、役員は、会員の中から総会において選任する。

3、役員の任期は2年とする。ただし,補欠役員の任期は前任者の残任期間

とする。

4、役員の再任は妨げない。

(役員の職務)

第7条 支部長は、支部を代表して業務を総括し、支部総会および理事会の議

長となる。

 2、副支部長は、支部長を補佐し、支部長に事故ある時はその職務を代行する。

 3、理事は、理事会を構成し、業務を執行する。

 4、監事は、財務状況を監査し、理事会に出席して意見を述べることができる。

(顧問・相談役)

第8条 当支部は、顧問・相談役をおくことができる。

(会議)

第9条 当支部の会議は、総会および理事会とする。

2、総会は、毎年1回開催する。総会は出席会員をもって構成し、その過

半数の賛同によって決議する。

3、理事会は、必要に応じて随時開催する。理事会は出席理事の過半

数の賛同によって決議する。

(総会の議決事項)

10条 総会は、次の事項を決議する。

 (1)事業報告および決算

 (2)事業計画および予算

 (3)役員の選任

 (4)会則の変更

 (5)その他支部の運営に関する重要な事項

(経費)

11条 当支部の経費は、本部からの交付金ならびに寄付金および

その他の収入をもって支弁する。

(事務局)

12条①当支部の事務を処理するために、事務局を置く。

  ②事務局に関する事項は、理事会において定める。

(資産の管理)

13条 資産は、理事会の責任において管理する。

(事業年度)

14条 当支部の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31

日に終わる。

 2、決算書および事業報告書は、通常総会終了後速やかに本会あ

て提出する。

(細則)

15条 本規約に明記していない事項は、本会の会則を準用する。

(附則)

16条 本規約は、平成191125日より実施する。

          平成21521日 一部改正

              平成22523日 一部改正

ICD,CRT-D植込み患者に対する新しいステートメント2017

  運転制限期間
二次予防目的新規植込み 6ヶ月
一次予防目的新規植込み 7日
ICD適切作動後
(ショック・抗頻拍ペーシングを含む)
3ヶ月
ICD不適切作動後 ※ 意識障害ないなら
制限なし
電池交換後 7日
リード追加・交換後 7日

※意識障害を伴うものは、ICD適切作動と同様の制限を行う